必見!奈良で心臓ドック・心臓検査が受けられる病院リスト

受けるべき人

ここでは、心臓病の症状に関する簡単なチェック項目を紹介します。
高血圧、糖尿病、脂質代謝異常、喫煙、などの危険因子を持っている方や胸痛などの自覚症状があるかなど、心臓病予備軍として疑わしい内容を確認していきます。

心臓病になりやすい人を検査するチェックリスト

心臓病は、日常の生活習慣に問題があると、かかりやすい病気です。

冠動脈硬化の危険因子としては、「高血圧」「脂質異常」「喫煙」「高血糖」の4つが挙げられており、どれかに該当する場合は、特に心臓病のリスクを心配しなければなりません。

また、家族に心臓病を抱える人がいると、遺伝する率も高く、ハイリスクと言えます。

仕事熱心、負けず嫌い、せっかち、支配欲や成功への欲求が強い、気性が激しく思いどおりにならないとイライラする、自信家であるなどの性格を持ついわゆる「A型人間」と言われるタイプの人は、危険因子の4つに当てはまり易いため、チェック項目で該当するようであれば、普段心臓に関する悩みが無くても、一度心臓ドックなどを受けてみた方が良いかもしれません。

以下の16項目のチェック事項に当てはまるものをチェックしていきましょう!

質問

  • 魚よりも肉を食べる方が好きである
  • お菓子が好きで良く食べる
  • 塩分が強めの味付けが好き
  • 野菜や海藻、大豆製品はあまり食べない
  • 食べることが好きで、多く食べがちである
  • アルコールを飲む機会が多い
  • 標準体重を10%以上オーバーしている
  • 喫煙習慣がある
  • 運動は1週間に1回もやっていない
  • デスクワークや車での移動が多く、歩くことが少ない
  • 生活の中心は仕事である
  • スケジュールは詰まっていて、30分以上休めることがほとんどない
  • 仕事や遊びも含め、何でも、一度に2つ以上のことをやるのが好きである
  • 睡眠時間は1日6時間以下
  • 週末など、まとめて2日休むことはほとんどない
  • 旅行に出かけても、仕事の連絡をすることが多い

判定

  • チェックが5個以下…心臓病のリスクは少ないが、チェックが続いて当てはまった部分は要注意です。
  • チェックが6~10個…A型人間の可能性が大きいので、食生活改善や運動を心掛けるなど生活面を注意しましょう。
  • チェックが11個以上…虚血性心疾患になる可能性が大のため、心臓ドック等で心臓病の検査を早急に受けましょう!

心臓病のチェック項目を試してみていかがでしたでしょうか?
リスクが低ければ良いのですが、もし該当項目が多いと心配ですね。

近年では、中高年だけでなく、生活習慣の悪化や食事の欧米化により、40代以下の若年層にも深刻な病状が現れるケースが増えてきていますので、心臓病のチェック項目を意識しながら、まずは健康的な毎日を送れるよう心がけることが一番大切です。

もしも、チェックをしてみた結果、該当項目が多ければ、それは要注意の合図。
早急に、心臓の専門的な検査を行える心臓ドックなどで、詳しい検査を行うことを強くおすすめします。