必見!奈良で心臓ドック・心臓検査が受けられる病院リスト

心不全

心臓ドックの検査で発見できる心臓病『心不全』の原因・症状、放置した場合どうなるか等を説明します。主な検査・診断の種類についても解説しています。

心臓の機能が低下してしまう心不全の検査・診断法とは?

心不全とは、正確には病名では無く、心臓のポンプ機能が低下して全身に十分な酸素が送れなかったり、全身の血流が滞るために起こる様々な症状の症候群の名称のことです。

血管が詰まって心筋が壊死する心筋梗塞や不整脈等によって急激にポンプの働きが弱まって短期間に悪化することを「急性心不全」と言い、心筋症、高血圧や弁膜症などが原因で長年にわたる心不全症状が確認されるものを「慢性心不全」と言います。別名、うっ血性心不全とも呼ばれています。急性心不全が疑われる場合には、早急に救急搬送をしなければなりません。

心不全の典型的な症状には、息切れが挙げられます。最初は運動時のみに起こっていた息切れが、進行するにつれ、安静時にも起こるようになります。

原因としては、肺のガスを交換する働きができておらず、血液中の酸素が減少したためであって、重症になってくると仰向けは苦しくなるので、上半身を起こし、座りながら呼吸するように心がけます。そして、血液がそれぞれの臓器に十分でなくなってしまうと、疲労感や倦怠感、食欲不振や尿の量が減少するなどの症状が生じてしまうことがあります。

全身の血液循環が悪くなって各臓器に血液が溜まると、手足のむくみ・肝臓の腫れ・体重の増加・たんぱく尿等の症状も出てきます。さらに、急性心不全の症状の一つである心臓喘息は、肺うっ血のために気管支が圧迫されることが原因で起こり、ゼーゼーと咳き込む喘息のような症状が出ます。

また、心不全と言っても、「左心不全」と「右心不全」によって症状が違い、両方が表れることも。左心不全では肺がうっ血して水分が貯まり、右心不全のときには水が貯まって足が腫れたりお腹が張ったりします。

慢性心不全の症状はゆっくり出てくるので、何となく苦しいことから患者さんがあまり動かないでいると症状がいったん隠れることもあります。すると、その間に症状が進行している場合もあるので気を付けなければなりません。

心不全を発症しやすい人には、高血圧・心筋梗塞・狭心症・心臓弁の異常・心筋症・不整脈・心臓病の家族歴・糖尿病のある人などが挙げられます

心不全の検査方法と治療法

【心不全の検査方法】

心不全を治療する場合、心臓の働きを低下させた元々の原因をはっきりさせることが大原則となります

診断や病状の進行具合の評価は医師が行い、患者さんの病歴や、ご家族の病歴、生活習慣などを確認。また、心臓や、肺、腹部、足など検査し、心不全の徴候が現れていないかどうかも調べます。

急性心不全が発症した場合には、一刻を争うため、診断と治療は同時に行います。

最初に必ず行われる検査は、胸部X線検査、心電図、心エコー(超音波検査)、血液検査。原因と重症度を知る上で、心エコーは特に重要な検査になります。

血液検査には、ホルモンの一つBPNが上昇することで重症度を判断したり、肝臓や腎臓の障害が合併する危険性を防ぐ目的もあります

不整脈の状態を診断するためにはホルター心電図を使用。さらに、冠動脈硬化の疑いがある場合は、冠動脈CTや心筋シンチグラフィ、冠動脈造形検査(心臓カテーテル検査)が実施されます。

【心不全の治療法】

心不全の進行は5段階に分けられており、呼吸困難やむくみなどの症状や動作への影響を基準にして、重症度を測っています。治療は、この分類を目安に行います。

急性心不全の治療の基本は「原因の治療」と「急性心不全そのものの治療」に分けられます

原因を確認できる場合は、弁膜症、虚血性心疾患、心筋症・心筋炎、先天性心疾患など、診断された病気の治療を行うことが先決です。

「急性心不全そのものの治療」の場合、肺に水が溜まり、急性肺水腫を起こす可能性があるため、まず酸素吸入を行い、利尿薬やニトログリセリン等の薬の投与。不安感の緩和や呼吸数や心拍数を低下させ、血管を拡張させて心臓にかかる負担を減らすために、モルヒネを使用することもあります。

それでも改善されなければ、人工呼吸器を付けたり、心臓の収縮を応援するためドパミンやドブタミンなどの強心剤やミルリノンやアムリノンといったエネルギーを心筋に与え、その収縮力を高める薬を短期間使用したりします。

さらに重症度が高い場合は、IABPという細長い風船を大動脈に入れて心臓の補助をしたり、それでも対応できない時にはPCPSという人工心臓を装着して循環を助けます。

ただし、この段階まで症状が進んでいると心臓があまり動いていないことが多く、治療も大変困難になります。しかし、急場をしのげば何とか改善することもあるので、諦めず、状態を正確に把握し、的確な治療を行うことが大切です。

慢性心不全では、一般的に、安静、飲水・塩分制限、酸素吸入を行います。

薬物療法には、体内の余分な水分を取り除く「利尿剤」、心臓の動きを補助する「ジギタリス剤」、心臓の負担を軽くするアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬またはアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)、抗アルドステロン薬等を状態に合わせて段階的に使用していきます。

β遮断薬や強心薬は、効果があることが分かっていますが、副作用もあるので注意が必要です。

上記の薬で、症状が改善したり、落ちついても、原因となる病気が進行したりすると再発することもあるので、その際には、薬の処方を再検討しなければなりません。

【心不全を発見!心臓ドックが受けられる奈良オススメの4病院】

チェック郡山青藍病院

  • 検査項目:採血、心電図、血圧脈波、冠動脈造影CT、心臓超音波
  • 料金:12,000円
  • 所在地:奈良県大和郡山市本庄町1-1

チェック宇陀市立病院

  • 検査項目:身長測定、体重測定、血圧、心臓超音波検査、胸部X線検査、心電図、尿検査、血液検査(末梢血液・中性脂肪・空腹時血糖・クレアチニン・GPT・CPK・HDLコレステロール・LDLコレステロール)、内科診察
  • 料金:20,000円
  • 所在地:奈良県宇陀市榛原萩原815番地

チェック沢井病院

  • 検査項目:基本ドック、負荷心電図、心臓エコー
  • 料金:不明
  • 所在地:奈良県奈良市船橋町8

チェック高井病院

  • 検査項目:一般ルーチン検査、心臓超音波検査、トレッドミル負荷心電図、24時間心電図、心筋シンチ検査、心血管CT検査、睡眠時無呼吸検査、血圧脈波検査など
  • 料金:不明
  • 所在地:奈良県天理市蔵之庄町461-2