必見!奈良で心臓ドック・心臓検査が受けられる病院リスト

狭心症

ここでは、心臓ドックの検査で発見できる心臓病『狭心症』の原因・症状、放置した場合どうなるか等を説明します。主な検査法の種類についても解説しています。

心臓病の1つである狭心症の原因・症状・検査方法について

狭心症は、心筋に直結する冠動脈の内腔の一部が狭くなって血液がスムーズに流れなくなることで、心臓に必要な血液が不十分になり、一過性の心筋虚血を起こす疾患です。

多くは、血管内にコレステロールや中性脂肪などのプラークが溜まる動脈硬化が原因で冠動脈が狭くなることにより生じ、高血圧・脂質代謝異常・糖尿病・喫煙などにより誘発されます。
プラークがさらに大きくなって血管を塞いでしまうと、より恐ろしい心筋梗塞になる危険性もあります。

症状は「胸が痛い」「胸が圧迫される」「胸が締め付けられる」などの胸痛が生じ、胃痛・吐き気・のどの圧迫感・左肩の痛み・歯の痛みなどを訴える患者さんも。
発作が続く時間は5~10分程度で、これ以上続く場合は、心筋梗塞の可能性が高くなります。

また、狭心症は、病気の原因やタイミング・病状の経過・発生の仕組みなどから種類がいくつかに分類されています。

歩行や階段の昇降など体を動かしたり精神的興奮をした時に起こる「労作性狭心症」、睡眠中や安静時に突然発作を起こす「安静時狭心症」、症状のきっかけや頻度、持続時間が一定の「安定狭心症」、頻度・強さ・持続時間が増し、発作のパターンが変わったり、軽い運動でも症状が現れる「不安定狭心症」等です。

狭心症の発作を起こしやすいのは、急いで歩いたり階段の昇降の他、スポーツ観戦や口論等で興奮した時、夜中に突然電話のベルで起こされた時、入浴中、トイレで排便した時など。

ほんの日常的で些細なことから発作が起きる可能性がある怖い病気のため、普段の生活の中で、動脈硬化にならないよう予防をしていくことがとても大切です。

バランスの良い食事・禁煙・適度な運動・ストレスを避けることなど、健康な体をつくるための規則正しい生活を送るよう心掛けましょう。

狭心症の検査方法と治療法

気になる検査方法と治療法をご紹介します。

狭心症の検査方法

狭心症の検査では、生理検査といわれる心電図・運動負荷心電図・ホルター心電図・心エコー(超音波検査)などの検査を行いますが、それでも診断がつかない場合は、、冠動脈CT検査やシンチグラム検査にステップアップします。

また、検査結果で冠動脈に狭窄や閉塞が疑われた場合には、カテーテルによる冠動脈造影が行われます。

下記に、主な検査の簡単な内容を記載しました。

  • 運動負荷心電図(トレッドミル検査)

ベルトコンベアー上を歩くトレッドミル方式で、運動をして心臓に負担をかけた状態を心電図にとって記録する検査です。狭心症かどうか、どの程度の運動なら可能を知ることができます。

  • 心エコー(心臓超音波検査)

人の耳に聞こえない位の高周波を心臓に向けて発信し、心臓の大きさ、心筋の動き、弁の機能等を診断する検査です。

  • 心筋シンチグラム(心臓核医学検査)

放射性医薬品を静脈注射し、放射線物質がどのように心筋細胞に取り込まれるか「シンチレーションカメラ」という撮影機で撮影する検査です。心筋の血流の様子が評価可能です。

運動負荷や薬物負荷試験と組み合わせると、より詳細な評価ができます。

  • 冠動脈CT

造影剤を静脈注射し、心電図と同期させながら、コンピュータで作り出した心臓の3D画像を見て、従来は心臓カテーテル検査でしか分からなかった冠動脈の狭窄や閉鎖の有無を診断します。
撮影時間は7秒程度と短く、入院の必要のない検査です。

  • 心臓カテーテル検査(冠動脈造影検査)

カテーテルという細い管を手首や肘、足の付け根の血管を通して心臓まで挿入し、心臓や冠動脈を造影剤を用いて撮影する検査です。

狭心症の治療法

狭心症の治療には、薬物治療・カテーテル治療・バイパス手術のいずれか、あるいは複数を組み合わせた治療が必要です。

薬物療法には、発作を抑える薬と血栓を止める薬があり、発作を抑える薬には、「硝酸薬(ニトログリセリンなど)」「β遮断薬」「カルシウム拮抗薬」、血栓予防には、「抗血小板薬」「抗凝固薬」等を用います。

心臓カテーテル治療(経皮的冠動脈形成術:PCI)は、腕や足の血管からカテーテルを挿入し、冠動脈の狭くなった部分を拡げる治療で、手術時間は2時間程度、3~4日の入院のため、患者さんへの負担が少ない手術です。
バイパス手術に比べると侵襲度が少ないため、より一層多く実施されています。

バイパス手術というのは、カテーテルでの治療が困難な際に実施される手術で、全身麻酔の上動脈か静脈の一部冠動脈をつないで、新規の血流ルートを作り出します。
心臓を一時的に止めて、人工心肺装置を用いて手術に臨みますが、心臓を動かせ続けたまま手術を行って、より侵襲度を下げるという手法もあります。

狭心症を発見!心臓ドックが受けられる奈良オススメの4病院

狭心症を発見するための心臓ドックが受けられる病院をご紹介します。

チェック郡山青藍病院

  • 検査項目:採血、心電図、血圧脈波、冠動脈造影CT、心臓超音波
  • 料金:12,000円
  • 所在地:奈良県大和郡山市本庄町1-1

チェック宇陀市立病院

  • 検査項目:身長測定、体重測定、血圧、心臓超音波検査、胸部X線検査、心電図、尿検査、血液検査(末梢血液・中性脂肪・空腹時血糖・クレアチニン・GPT・CPK・HDLコレステロール・LDLコレステロール)、内科診察
  • 料金:20,000円
  • 所在地:奈良県宇陀市榛原萩原815番地

チェック沢井病院

  • 検査項目:基本ドック、負荷心電図、心臓エコー
  • 料金:不明
  • 所在地:奈良県奈良市船橋町8

チェック高井病院

  • 検査項目:一般ルーチン検査、心臓超音波検査、トレッドミル負荷心電図、24時間心電図、心筋シンチ検査、心血管CT検査、睡眠時無呼吸検査、血圧脈波検査など
  • 料金:不明
  • 所在地:奈良県天理市蔵之庄町461-2